「働き方改革関係法律」の成立について

「働き方改革関係法律」の成立について

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立しました。(平成30年7月6日公布)

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。

「働き方改革」は、この課題の解決のため、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、
働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

法律の概要はこちら

36協定の上限時間が変更されるなど、様々な変化が求められています。

法律の施行日までに十分に準備を行いましょう。

 

2018年07月10日トピックス
ページトップへ
PAGE TOP