平成30年度の労災保険料率の改定について

平成30年度の労災保険料率の改定について

労災保険料率は3 年に1 回程度の頻度で見直しがあり、
平成30 年4 月は丁度改定の時期です。

労災保険料率は、厚生労働大臣が業種ごとに定めており、
過去の災害発生状況等が考慮され原則3 年毎に改定されています。

平成30 年4 月より適用される労災保険料率は、
全業種平均4.5/1,000(平均で0.2/1,000 引き下げ)となる予定です。

変更のあった主だった業種は以下の通りです。

 

 

 

 

2018年02月23日トピックス
ページトップへ
PAGE TOP