最低賃金の改定 平成28年

最低賃金の改定 平成28年

先日、今年の最低賃金の改定についての発表がありました。
大方の予想を超える全国平均24円の引き上げ見込みです!
(東京・神奈川・千葉では25円)

昨年の18円UPを大きく超え、過去最大の上げ幅です。

また、全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率に換算すると3.0%(昨年は2.3%)となっています。

最終決定は少し先ですが、今から10月の引き上げに向けての準備が必要です。

特に、時給労働者を雇用している飲食店では下記に注意です。

☆ 募集時給の見直し
☆ 固定残業代の再計算
☆ 雇用契約書の再締結

時給の変更作業忘れによるトラブルを起こさないようにしっかりと準備を進めましょう。

≪各都道府県の引き上げ見込み額≫

※Aランク25円、Bランク24円、Cランク22円、Dランク21円
Aランク 千葉、東京、神奈川、愛知、大阪
Bランク 茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島
Cランク 北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡
Dランク 青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

詳細は、以下のURLからご覧いただけます。
厚生労働省HP報道発表資料
「平成28年度地域別最低賃金額改定の目安について」

2016年08月02日トピックス
ページトップへ
PAGE TOP