短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大

短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大

平成28年10月1日より、社会保険の対象者が拡大します
これまで対象外だった人でも下記の全部に該当する場合は
新たに社会保険に加入することになります。

① 週20時間以上
② 月額賃金8.8万円以上 (年収106万円以上)
③ 勤務期間1年以上
④ 学生は適用除外
⑤ 従業員 501人以上の企業

個人事業の方や従業員数が⑤の501人以上でない方は
今回は影響はありません。

ですが、今後も対象者は拡大方向で検討されています。

『3年以内に検討を加え、その結果に基づき、
必要な措置を講じる。』と法律に明記されているからです。

事業を法人で開始しようとしている方や
今後法人化を検討している方は
社会保険料の負担を十分に考えてから決断しましょう。

社会保険料はお給料額によって異なります。

参考:社会保険料一覧表 平成28年3月版

お給料額が増えたけれども社会保険料を控除したら
手取りが減るなんてこともあります。
そんな残念な昇給にならないようにご注意下さい。

<ご相談・ご質問は↓>
法人ロゴ

2016年05月20日トピックス
ページトップへ
PAGE TOP